メイン

しゃべる布、説明の多いTシャツ展

2009年09月11日


またまた久々の更新のくせに、中途半端に遅いお知らせとなってうっかりでした!
またまたごぶさたしております!

えーと、今年再始動したニューgbmとテキスタイル屋さん・東京文様などをようした「黒松」が
今週の日曜日まで表参道・NOW IDeA by UTRECHTにて展示をおこなってます。
そんで今回、私がまったく個人的に作っていたうちの息子用&友人の子どもたち用のGbMリメイク服も
ここに便乗展示されとります。
私は初日に拝見してきたのですが、天井からニューgbmTシャツとともに
わりとまとまった数の自分リメリク息子服がぶら下がってて
自分ちの雨の日の部屋干し感が満載のプライベート空間(私にとって)になってました。
そういうこっ恥ずかしさがないわけでもないですが、
ネットでしか手に入らないgbm、東京文様の新作を実際に手にとって見られる(そして買える)
貴重な機会ともいえますので、
興味があってしかもあの近辺で打ち合わせとか買い物とか待ち合わせとかの「ついで」がある場合はぜひ!

↓吊られたTシャツで顔だけ隠れんぼみたくなるので
ふだん真面目な人も少しふざけた印象になる不思議愉快空間が!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
黒松 x NOW IDeA by UTRECHT
しゃべる布、説明の多いTシャツ展

2009.9.8 (Tue) - 13(Sun)

107- 0062 東京都港区南青山5-3-8 パレスみゆき 201
TEL 050-5539-6733

http://www.utrecht.jp/aoyama/
「おしゃべりがしたいだけ」「ひたすらだらだら書きたい」という通販サイト「黒松」が、超期間限定でNOW IDeA by UTRECHTにおきまして、展示なんだか店なんだかあいまいな態度で出っ張ります!
おなじみのムダに長く特に関係のない商品説明は、いつもより長めでお送りいたします。
モノによっては迷惑なことに、音声による解説も試みられる予定です。
各ショップの現行商品の展示はもちろん、タナカカツキの手による生地ショップ「東京文様」の新作先行販売も行います。

また、gbmの過去Tシャツを使ったリメイク子供服by元GbM代表コグさん+ひさびさの「コグ節キャプション」も 堪能できる展示となります。
おっと! ここでニュースです。真鍋大度+石橋素によるpa++rn(独自のプログラミング環境と 工業用ミシンで作られたオリジナル刺繍Tシャツ)がなんの因果か緊急参戦。買えます!

リアル店舗を持たない黒松の各ショップの商品を、直に手にとりじろじろ穴の空くほどみたり、 くんくんと匂いをかいだりする珍しい機会。たいしたおもてなしはできませんが「ついで」で お越しいただけたら幸いです。

追加情報!

「しゃべる中年 説明の多い説明会」

2009.9.10 (Thu) 19:00〜
こんにちは、黒松です。唐突ですが現在黒松のあれこれを展示中のNOW IDeA by UTURECHTで、 9/10 19:00から小さな小さな集まりをやります。
唐突すぎる!
名前は「しゃべる中年 説明の多い説明会」
伊藤ガビン、タナカカツキ、黒松スタッフであれこれ作品解説をいたします。

しかし、注意! これはトークショーではありません!
そんな大仰なものではありません。
ただ、ほら、なにかキッカケがないと来廊しないまま展示って終わってしまいますでしょう? と、いうわけでのキッカケづくりでございます。 幸いNOW IDeAは飲み物などもございますし、ゴクゴク、だらだら、じろじろと夏と秋の間を なまぬるい気温そのままの、ごゆるり感を楽しんでいただけたらと思います。 期待の持ち込みはご遠慮ください。瞳を輝かせた方は、入場をお断りする場合があります。

ちょっとした新作などもお見せできる予定です。
「ついで」で、ご来場ください。

text by 黒松(伊藤ガビン)

黒松はこちら http://kuromatsu.asia

gbmがリボーン!

2009年05月16日

2年半もごぶさたしておきながら、
唐突なお知らせで失礼いたします。

なんとあのGbMが4年のときを経て
gbmとなり我々のもとにもどってきました!リボーン!
しかも昨夜からオーダー受付も開始しています!!
急いでください!
私は今回、見事になにもしていないのですが、
この速報だけは……と思いはせさんじた次第です。
急いでください!!
もちろん、1年半前、最後のエントリーで途切れていた
「なかなか出てこない胎児」は
いくらなんでも出てきて早1歳半になろうとしており、
しかも腹にはまた新たな……こちらもリボーン!(意味ずれるけど)
最近つわりがやっと落ち着いてきました。
こちらの更新も、これを機会に気ままにぼちぼちいこうかと…。
よろしくお付き合いくださいませ!

かえる目「主観」発売されました

2007年10月19日

出ました!
つーか、もう出てた!!
しかも、レコ発ライブまでもうはじまってる!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かえる目「主観」
compare notes(map)
cn-0014
2007.10.10発売

1.音痴というもの
2.ふなずしのうた
3.あの寺へ帰りたい(弁慶の引き摺り鐘の伝説)
4.高度情報化社会
5.坂の季節
6.能登の恋人
7.女学院とわたし
8.女刑事夢捜査
9.パンダ対コアラ
10.リリパット
11.浜辺に
12.八月三十一日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日(木)@ 京都アバンギルド (http://urbanguild.net)
charge:1,800円+1drink/2,300円+1drink
open:18;30/start:19:30
出演:かえる目+Yuko Nexus6、イノウラトモエ、たゆたう

10月19日(金)@ 大阪中崎町・太陽の塔 (http://www.taiyounotou.com)
charge:1,500円+1drink
open:19:00/start:19:30
出演:かえる目、大和川レコード

10月20日(土)@彦根・四番町スクエア内パティオ(喫茶カンタータ前)(http://www.4bancho.com/map/index.html)
start:12:00
出演:かえる目(ミニライブ、Yuko三味線参加)

10月20日(土)東京・なぎ食堂(http://www.mapup.net)※30人限定
charge:1,500円+1drink
open:19:00/start:19:30【※時間が変わりました! ご注意ください】
出演:かえる目、上野茂都

10月21日(日)東京・なぎ食堂(http://www.mapup.net)※30人限定
charge:1,500円 +1drink
open:16:00/start:16:30
「中尾勘二の夕べ」
出演:かえる目、中尾勘二トリオ、中尾コレクションを聴くSP盤アワー

※なぎ食堂への予約は
ticket@@mapup.net
(@をひとつ削って下さい)までメールにて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かえる目」とはいったいなんなのか、てことは
こことかここに温かくて丁寧でかつ要所が押さえられた
すんばらしいテキストがあるので私からはもうなにも。

ただ、デジジョ的にひとこといっておきたいのは
「7.女学院とわたし 」の件であります。
この曲とデジオ女学院とが前世からつながっている因縁の関係だったこと、
きっとお忘れのみなさん&ご存知でないみなさんの方が多かろう2007年秋ですよね。
この曲を初めて聴いたのは、
たしか2004年の夏頃で(もう3年前じゃん!)、
場所は、かえるさんが彦根からお届けしていた
ラジオ 沼」なるデジオ配信サイト。
(現在はpodcast版としてこちらで配信中)
どういう経緯で聴こえてきた(できあがった)んだか、
また何が直接の原因となってそうなったんだか、
ハッキリしたことは私をはじめ、おそらく作った本人さえ、
そしてリスナーの誰も覚えていないし(多分)、
そもそも何かひとつのことというよりは、
デジオ女学院を通して私がだらだらしゃべったいろんなことが
さらにそこをとりまく様々な事件や事柄といりまざって網目をおりなし、
そしてかえるさんはその網でなにか大事なものをひろい集め
(イメージは置き網漁)
結果、愉快でおもろおかしく
どこか切なくあの日のユーミンな一曲ができあがってしまった、
そんなとこなんでしょうか。
いや、こんな説明じゃ、分かるようでまったく分からないよね!すません!!
でも、私が持っているこの曲に対するイメージを
なるべく正確に伝えようとすると、
こんなことになってしまうのです。だみだ〜。
今回、この曲の生い立ちを振り返ろうと
デジジョのバックナンバーをちょろっと捜索したら、
私が捜索できた範囲(約10分で飽きて放棄)では
vol.101ってのに、この曲の前身みたいのが上がってました。
3年前のバックナンバーで申し訳ないのですが、今日はこちらをお届けしま〜す。

★vol.101(2004.9.3) メール拝読

JILLE 11月号もってきたら…

2007年10月17日

JILLE.jpg

わーいわーい、
漁師の血をひきながら格闘技系ナイスTシャツを作ったりしつつ
しかしかわいこちゃん雑誌JILLEも編集しているというおもしろ友人が、
JILLE Editor's Room
我がサロンBotanを紹介してくれました〜〜ATAQUE!じゃくてThanks!
そんなわけで10/12に発売されたJILLE11月号を持参していただければ
20%offで施術いたしますよん。
ちなみにこの11月号の表紙で登場してる新垣結衣ちゃん主演の映画「恋空」なんですけども、
どうやら我々が佐野に引っ越してくる直前まで
佐野でロケしてたらしいですよ。
しかもうちのサロンの目の前の通りを
ズーッと真っ直ぐいくとある田沼高校ってとこで。
で、だからなに、ていう話なんですけどもね。

とにもかくにも新垣結衣ちゃん、
口角めっちゃクイっと上がってて素晴らしいね。
口角の上がり方では最近の中でダントツですよな。
私のライターとしてのつたないインタビュアー経験の中では
過去かなりの数のアイドルさんたちとお話させていただきましたが、
口角の下がった女子で成功した人は一人もいませんでした。
女子のみなさん、人に愛されることでの成功を目指すなら、まず口角。
噛み合わせや歯並びの矯正も
最近は口角を上げるようにするのが基本となりつつあるようで、
私など目黒区からきた妊婦用の歯科検診でさえ
「口角が上がるように噛み合わせ調整しときますね」と
先生が気をきかしてくれてました。
妊婦でも愛されたい。愛されたいんだ。
そのとき、はっきりとそう思いました。

口角の上がった新垣結衣ちゃん表紙のJILLE11月号、只今絶賛発売中です。

『Botan』オープンしております

2007年10月08日

flyer.jpg
561616860_76.jpg
P9140056.jpg

ここの右端にある「コグリンク」なるとこにも地味に出しておりましたが、
去る9/14、栃木県佐野市に『Botan』なるヘア・サロンをオープンいたしました。
有り体に申しますと、
ここは私・コグのパートナーであるとこの「マーさん」がオーナースタイリストをつとめております。
マーさんが一人でカットして、カラーやって、パーマかけて、電話に出て……。
おまけに一週間程前から、私は出産のため実家に里帰り中とあって、
公私に渡りまさに一人舞台、一人芝居中のマーさん。
オープンまでは、私も店の内装だとか印刷物だとかホームページだとか
いろいろと手伝ってきまして、
オープン後も数週間は店番などしておったのですが
なんせ、今週末から臨月です。
にっちもさっちも、あとはマーさん一人でがんばってくれ!という状況にあいなりました。

アウトレットなどへお越しの際など、
ぜひついでに遊びにきていただきたいものです。
万が一、予約なさってくださる方がおられる場合
ひとこと「デジジョを見て…」といってくださいましたら、
オープン記念割引価格20%OFFにて施術させていただくご用意も
こっそりしておきましたので、どうぞご利用のほど……。
12月中旬以降は、また私も店番に出る予定であります。

尚、フライヤーやショップカードのアートディレクションは、
いくつか前のエントリーでも登場しておる大変愉快な女性・四つ葉加工氏が
ホームページの構築はおもしろいテレビを必ず録画してくれている男性・sud氏が
あろうことか、それぞれゼロ円で尽力してくださいました。
友人たちの恩義にむくいるよう、
まったくもって東(東京方面)には足を向けて寝ることができません。気持ちの上では。


以上、今回は里帰り中のため全文東北弁のアクセントでお届けいたしました。
想像ヒアリング、各自よろしくお願いいたします。

2525稼業のライブです

2007年08月22日

デジジョでは「achaポワ」の名で
「ニップルヘッドラインニュース」なるコーナー
(いろんな意味で女性の先端情報をお届けするコーナー)
をご一緒してたりする「achaco」さんなんですけども、
彼女がsaraさんていう素敵なショートカットの女性と
2525稼業という音楽ユニットをやってることは、みなさんご存知ですよね。
今ここを読んでるくらいですとご存知に違いない。
ご存知じゃない人はここも読んでない。ご存知な人だけが読んでいる。せま!
そんな風な小さい確信を披露しつつ、
今週の土曜に目黒でライブをするというからお知らせです。
私、まだギリギリ目黒区民ですし。

彼女らは今年、23区ミニチュアワールドツアーってのをやってまして、
今回はその第3回目、目黒区の会なわけです。
なんだかんだでライブはとんとご無沙汰してたので
私も久々の生2525で楽しみにしとります。

ところで、ライブといえば「○○を引っさげて…」のフレーズですが、
私も何か引っさげるものを考えましたがとくになかった!
あとお客は別に引っさげなくてもいいか。
腹は8ヶ月に入ってますので、かなり引っさげ感ありますけどもこれは違うな。
あ、そうだ、ものすごく凡庸な言い方だけど
「笑顔」を引っさげてライブみよっと。これでどうだ。ふつ〜〜〜〜〜!
妊婦の発想、ふっつ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2525稼業・23区ミニチュアワールドツアー 第三回
□目黒区 中目黒 prata

□東京23区を各区1ライブして廻る、2525稼業自主企画「2525稼業presents 東京23区ミニチュアワールドツアー」
□第三回は、目黒区・中目黒にあるお洒落なカフェ「prata」で行ないます。
□真夏の夜のドリームライブに、どうぞいらしてください!

□日  時 2007年8月25日(土)15:30 open 16:00 start
□場  所 中目黒 prata
□□□□□ 〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-43-10
□出  演 2525稼業+高橋裕 special guest 柳家小春
□舞台装置 羽毛田信一郎
□内  容 第一部 2525稼業の部 第二部 柳家小春さんの部 最後にみんなで数曲演奏
□料  金 ¥2000(1drink付き)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

四つ葉加工サイトがリニューアル

2007年07月27日

yotsubakakou.jpg

友人のデザイナー・四つ葉加工こと島田知子のサイトが
ものすごく地味にリニューアルしているのでご紹介させてください。
四つ葉加工

このサイト、よくある仕事看板的サイトかと思ったら大間違いで、
彼女のついついやり込んでしまう性分が
あちらこちらで垣間みれることになっております。
たとえば長らく見られなくなっていた「rockyou」コーナー
(ロッキューという飼い犬への思いをあますことなく表現したオタクサイト)
新しくスタートした「knit」コーナー(モデル/実娘)
などがそれにあたりましょうか。

「地味にリニューアルしていた」といって、
ここdedijoで紹介したとしても
そういえば、どっちにしろ地味な告知に変わりありません。
かといって「どーせ無駄」となにもしないよりはましな気もしたり。

どちらかといったら前向きに生きて行こうと思っています。

大阪で『ChimushiBox』開催中〜☆

2007年07月20日


過去には『務所デジ』というデジオをやりつつ、
(「簡単デジオツール」サイトの消滅により知らないうちに同時消滅!)
現在はデジオ「虫の声」というのんをやってる
通称「ムショデジさん」こと「ミッちゃん」(大阪の家族内での呼ばれ方)こと松本“痴虫”光弘
7/7から、な〜〜〜〜〜〜〜〜んと、ルアーの個展を開催中でありますよ!
今わたし「ルアーの個展」ていいましたけど(正確には書きましたけど)、
これ、実際はルアーの個展であってルアーの個展じゃないっぽい!
……とかなり信頼できる女子の日記で確認してきましたよ。やっぱな〜。そうだよな〜。
この人、一見、いろんなことに興味持って行動したり行動しなかったりする
普通の楽しい若者っぽくも見えるんですが
その実、いろんな場所や人や事に入りこみつつ、
よーく観察してると、まったく何にも取り込まれない頑固おやじであり
大事なとこで金になりそうなチャンスを逃したり、失言や詰めの甘い発言をしながら
でもそういういろんな行動そのものを並べると、むちゃくちゃでダメでキラキラしていて美しい。
………ような気がするのです。こういうのアーチストっていうの?
だからきっとこの個展も、そういう部分が垣間みれるようなことになってて
そんで例の信用できる女子の日記につながるんじゃないかな〜〜〜と、
コグさんは分析したわけです。見たいなーーー。
見たいけど大阪って東京からだと新幹線のりますよね? でも、見たいなーーー。
会期は7/30までみたいなので、まだチャンスは充分あります。
大阪近辺の方々は新幹線にのならなくても見に行けると思うので、ぜひ私の分も見といてくださいませ。
会場になってる「シェ・ドゥーヴル」はおいしいフレンチもいただける素敵なお店ですしね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「痴虫」展覧会 “Chimushi Box”

7/7(土曜)〜7/30(月曜) 12:00〜23:00
会場:シェ・ドゥーヴル
大阪市西区阿波座1-9-12

ペインティングとルアー等の展示物は基本的に販売対象。
(見ていただいて、気に入った物を購入手続き→会期終了後発送)
展覧会記念ルアーセットも準備予定。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『マトリョニメ展』にばばさんが!

2007年07月17日

今週土曜21日の17時から、この展覧会のトークショーに
デジオ女学院の題字とイラストも描いてくれていた
友人のイラストレーター・ばばかよちゃまが登場するとのことです!

■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆
【タナカカツキ x 伊藤ガビンxばばかよ】トークショー
日程:2007年7月21日(土) 17時〜
場所:銀座 ASK?
■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆

ばばさんといえば、今、私と同じ体の状態…っていうか
私よりひとまわりもふたまわりも大きな状態(なぜなら2人入ってるから)なんですけども
そんなときにマトリョトーク!たしかにな!中にいっぱい入ってるわ!!
もうすぐ出てくるし!
こりゃ〜〜、俄然楽しみですね。

展覧会は今日から28日までみたいなので、
足をはこばれてみてくださいませ〜〜〜!

■◆■◆■◆■◆タナカカツキのマトリョニメ展■◆■◆■◆■◆

日程: 7.17(tue)〜7.28(sat)
   11:30〜19:00(最終日17:00まで) 日祝休
入場:無料
場所:銀座 ASK?
営団地下鉄銀座線「京橋駅」2番出口より徒歩1分。
都営浅草線「宝町駅」4番出口より徒歩2分。
JR「東京駅」八重洲南口より徒歩10分。 (1階に南天子画廊あり)

「マンガ家タナカカツキの原画展を開催いたします」
そんな告知がしたかったです。
「マンガとアニメーションの原画を展示しましょうよ」
そんな打ち合わせが、作家とギャラリーの間でもなされました。
しかし作家から送られてきたのは、大量のマトリョーシカ。
1体1体塗られた入れ子人形たちの愛らしい表情は、確かにタナカカツキ直筆です。
躍動的で生々しいタッチは、原画の「原」の部分を十分に感じさせます。
しかしマトリョーシカ。なにぶんにもマトリョーシカ。
これを原画と呼んでいいのか。むしろこれぞ新時代の原画の息吹なのか。
タナカカツキによる、マトリョーシカを使ったアニメ「マトリョニメ」とその原画としてのマトリョーシカたち。
引きこもりよろしく入れ子状になった自己の奥深くよりお送りいたします。

                    テキスト 伊藤ガビン

企画制作:ボストーク株式会社
デザイン:yoyo-rarandays
協力:asyl
■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆