« 2007年08月 | メイン | 2007年11月 »

★vol.489

2007年10月31日

★vol.489 加茂神社で38週4日

Re:s vol.6

2007年10月20日





かえる目「主観」発売されました

2007年10月19日

出ました!
つーか、もう出てた!!
しかも、レコ発ライブまでもうはじまってる!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かえる目「主観」
compare notes(map)
cn-0014
2007.10.10発売

1.音痴というもの
2.ふなずしのうた
3.あの寺へ帰りたい(弁慶の引き摺り鐘の伝説)
4.高度情報化社会
5.坂の季節
6.能登の恋人
7.女学院とわたし
8.女刑事夢捜査
9.パンダ対コアラ
10.リリパット
11.浜辺に
12.八月三十一日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日(木)@ 京都アバンギルド (http://urbanguild.net)
charge:1,800円+1drink/2,300円+1drink
open:18;30/start:19:30
出演:かえる目+Yuko Nexus6、イノウラトモエ、たゆたう

10月19日(金)@ 大阪中崎町・太陽の塔 (http://www.taiyounotou.com)
charge:1,500円+1drink
open:19:00/start:19:30
出演:かえる目、大和川レコード

10月20日(土)@彦根・四番町スクエア内パティオ(喫茶カンタータ前)(http://www.4bancho.com/map/index.html)
start:12:00
出演:かえる目(ミニライブ、Yuko三味線参加)

10月20日(土)東京・なぎ食堂(http://www.mapup.net)※30人限定
charge:1,500円+1drink
open:19:00/start:19:30【※時間が変わりました! ご注意ください】
出演:かえる目、上野茂都

10月21日(日)東京・なぎ食堂(http://www.mapup.net)※30人限定
charge:1,500円 +1drink
open:16:00/start:16:30
「中尾勘二の夕べ」
出演:かえる目、中尾勘二トリオ、中尾コレクションを聴くSP盤アワー

※なぎ食堂への予約は
ticket@@mapup.net
(@をひとつ削って下さい)までメールにて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かえる目」とはいったいなんなのか、てことは
こことかここに温かくて丁寧でかつ要所が押さえられた
すんばらしいテキストがあるので私からはもうなにも。

ただ、デジジョ的にひとこといっておきたいのは
「7.女学院とわたし 」の件であります。
この曲とデジオ女学院とが前世からつながっている因縁の関係だったこと、
きっとお忘れのみなさん&ご存知でないみなさんの方が多かろう2007年秋ですよね。
この曲を初めて聴いたのは、
たしか2004年の夏頃で(もう3年前じゃん!)、
場所は、かえるさんが彦根からお届けしていた
ラジオ 沼」なるデジオ配信サイト。
(現在はpodcast版としてこちらで配信中)
どういう経緯で聴こえてきた(できあがった)んだか、
また何が直接の原因となってそうなったんだか、
ハッキリしたことは私をはじめ、おそらく作った本人さえ、
そしてリスナーの誰も覚えていないし(多分)、
そもそも何かひとつのことというよりは、
デジオ女学院を通して私がだらだらしゃべったいろんなことが
さらにそこをとりまく様々な事件や事柄といりまざって網目をおりなし、
そしてかえるさんはその網でなにか大事なものをひろい集め
(イメージは置き網漁)
結果、愉快でおもろおかしく
どこか切なくあの日のユーミンな一曲ができあがってしまった、
そんなとこなんでしょうか。
いや、こんな説明じゃ、分かるようでまったく分からないよね!すません!!
でも、私が持っているこの曲に対するイメージを
なるべく正確に伝えようとすると、
こんなことになってしまうのです。だみだ〜。
今回、この曲の生い立ちを振り返ろうと
デジジョのバックナンバーをちょろっと捜索したら、
私が捜索できた範囲(約10分で飽きて放棄)では
vol.101ってのに、この曲の前身みたいのが上がってました。
3年前のバックナンバーで申し訳ないのですが、今日はこちらをお届けしま〜す。

★vol.101(2004.9.3) メール拝読

JILLE 11月号もってきたら…

2007年10月17日

JILLE.jpg

わーいわーい、
漁師の血をひきながら格闘技系ナイスTシャツを作ったりしつつ
しかしかわいこちゃん雑誌JILLEも編集しているというおもしろ友人が、
JILLE Editor's Room
我がサロンBotanを紹介してくれました〜〜ATAQUE!じゃくてThanks!
そんなわけで10/12に発売されたJILLE11月号を持参していただければ
20%offで施術いたしますよん。
ちなみにこの11月号の表紙で登場してる新垣結衣ちゃん主演の映画「恋空」なんですけども、
どうやら我々が佐野に引っ越してくる直前まで
佐野でロケしてたらしいですよ。
しかもうちのサロンの目の前の通りを
ズーッと真っ直ぐいくとある田沼高校ってとこで。
で、だからなに、ていう話なんですけどもね。

とにもかくにも新垣結衣ちゃん、
口角めっちゃクイっと上がってて素晴らしいね。
口角の上がり方では最近の中でダントツですよな。
私のライターとしてのつたないインタビュアー経験の中では
過去かなりの数のアイドルさんたちとお話させていただきましたが、
口角の下がった女子で成功した人は一人もいませんでした。
女子のみなさん、人に愛されることでの成功を目指すなら、まず口角。
噛み合わせや歯並びの矯正も
最近は口角を上げるようにするのが基本となりつつあるようで、
私など目黒区からきた妊婦用の歯科検診でさえ
「口角が上がるように噛み合わせ調整しときますね」と
先生が気をきかしてくれてました。
妊婦でも愛されたい。愛されたいんだ。
そのとき、はっきりとそう思いました。

口角の上がった新垣結衣ちゃん表紙のJILLE11月号、只今絶賛発売中です。

『Botan』オープンしております

2007年10月08日

flyer.jpg
561616860_76.jpg
P9140056.jpg

ここの右端にある「コグリンク」なるとこにも地味に出しておりましたが、
去る9/14、栃木県佐野市に『Botan』なるヘア・サロンをオープンいたしました。
有り体に申しますと、
ここは私・コグのパートナーであるとこの「マーさん」がオーナースタイリストをつとめております。
マーさんが一人でカットして、カラーやって、パーマかけて、電話に出て……。
おまけに一週間程前から、私は出産のため実家に里帰り中とあって、
公私に渡りまさに一人舞台、一人芝居中のマーさん。
オープンまでは、私も店の内装だとか印刷物だとかホームページだとか
いろいろと手伝ってきまして、
オープン後も数週間は店番などしておったのですが
なんせ、今週末から臨月です。
にっちもさっちも、あとはマーさん一人でがんばってくれ!という状況にあいなりました。

アウトレットなどへお越しの際など、
ぜひついでに遊びにきていただきたいものです。
万が一、予約なさってくださる方がおられる場合
ひとこと「デジジョを見て…」といってくださいましたら、
オープン記念割引価格20%OFFにて施術させていただくご用意も
こっそりしておきましたので、どうぞご利用のほど……。
12月中旬以降は、また私も店番に出る予定であります。

尚、フライヤーやショップカードのアートディレクションは、
いくつか前のエントリーでも登場しておる大変愉快な女性・四つ葉加工氏が
ホームページの構築はおもしろいテレビを必ず録画してくれている男性・sud氏が
あろうことか、それぞれゼロ円で尽力してくださいました。
友人たちの恩義にむくいるよう、
まったくもって東(東京方面)には足を向けて寝ることができません。気持ちの上では。


以上、今回は里帰り中のため全文東北弁のアクセントでお届けいたしました。
想像ヒアリング、各自よろしくお願いいたします。