« ★vol.488 | メイン | 大阪で『ChimushiBox』開催中〜☆ »

『マトリョニメ展』にばばさんが!

2007年07月17日

今週土曜21日の17時から、この展覧会のトークショーに
デジオ女学院の題字とイラストも描いてくれていた
友人のイラストレーター・ばばかよちゃまが登場するとのことです!

■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆
【タナカカツキ x 伊藤ガビンxばばかよ】トークショー
日程:2007年7月21日(土) 17時〜
場所:銀座 ASK?
■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆

ばばさんといえば、今、私と同じ体の状態…っていうか
私よりひとまわりもふたまわりも大きな状態(なぜなら2人入ってるから)なんですけども
そんなときにマトリョトーク!たしかにな!中にいっぱい入ってるわ!!
もうすぐ出てくるし!
こりゃ〜〜、俄然楽しみですね。

展覧会は今日から28日までみたいなので、
足をはこばれてみてくださいませ〜〜〜!

■◆■◆■◆■◆タナカカツキのマトリョニメ展■◆■◆■◆■◆

日程: 7.17(tue)〜7.28(sat)
   11:30〜19:00(最終日17:00まで) 日祝休
入場:無料
場所:銀座 ASK?
営団地下鉄銀座線「京橋駅」2番出口より徒歩1分。
都営浅草線「宝町駅」4番出口より徒歩2分。
JR「東京駅」八重洲南口より徒歩10分。 (1階に南天子画廊あり)

「マンガ家タナカカツキの原画展を開催いたします」
そんな告知がしたかったです。
「マンガとアニメーションの原画を展示しましょうよ」
そんな打ち合わせが、作家とギャラリーの間でもなされました。
しかし作家から送られてきたのは、大量のマトリョーシカ。
1体1体塗られた入れ子人形たちの愛らしい表情は、確かにタナカカツキ直筆です。
躍動的で生々しいタッチは、原画の「原」の部分を十分に感じさせます。
しかしマトリョーシカ。なにぶんにもマトリョーシカ。
これを原画と呼んでいいのか。むしろこれぞ新時代の原画の息吹なのか。
タナカカツキによる、マトリョーシカを使ったアニメ「マトリョニメ」とその原画としてのマトリョーシカたち。
引きこもりよろしく入れ子状になった自己の奥深くよりお送りいたします。

                    テキスト 伊藤ガビン

企画制作:ボストーク株式会社
デザイン:yoyo-rarandays
協力:asyl
■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆